寺澤がマイク・ラザフォード

引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが主な理由として挙げられます。

引っ越しは大変面倒臭いものだと聞きますが、複雑な手続きを何度もしなくてはならないということが原因だそうです。

具体的には、水道・電気・ガス・市役所での諸々の書類など、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、きちんとした計画を練って、手続きを終わらせなければいけません。
http://www.serviceprocleande.com/

どんなことでも同じですが、引っ越しも段取りが大切です。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、日程を考えて梱包作業を進めます。日用品は取り除けておき、それ以外を用途や種類で大まかに分け、詰めるようにしましょう。



中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと荷解きの順番を考えられます。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。

早め早めに進めていかなくてはなりません。距離が近い引っ越しの場合でしたら業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。

方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物を転居先に運びこみましょう。何回も、時間を使って少量ずつ運べばたくさんの荷物を運ぶことができます。大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、運送してしまうと良いです。このやり方ですと、引っ越しに掛かる支出はかなり安くできます。家を引っ越すにあたって、住んでいた家が借家だった場合は原状回復の義務というものがあります。
この原状回復義務は、借りていた家につけてしまった傷や壊した室内のものを元の状態に戻す義務のことで、通常はその費用を敷金から差し引かれて、あまったお金が返ってくるというような形となります。



引越しを行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールをジャマにならないようあちこち移動させたり、業者さんと一緒に家具や家電を運んだりと大忙しです。
しばらくそうやって頑張って動いていると、手は赤くなってしまいます。業者さんの手をふと見ると、しっかりと軍手をはめています。


業者に頼むとしても、自分専用の軍手を必ず必須です。転居先に出かけたり家電を処分したりすることも含め、引っ越しにまつわる出費はかなり高額になってしまうことが多いです。

なので、業者の選択は費用面から見ても少し慎重になった方が良いかもしれません。業者の料金を見ると、同じだけの荷物を積んで、同じ距離運んだとしてもそれぞれの会社によって料金体系も異なりますので、それが金額の違いになります。

複数の業者の料金を知って、引っ越しの費用をできるだけ抑えたいという人には、一括見積サイトが断然おすすめです。

一括見積サイトに移動したら、出発地から到着地、家族の人数などを入力して一括見積もりを申し込みするといくつかの業者の、それぞれの見積もりを取れますから、金額を比べられ忙しい時でも手間がかからないので、大変便利です。

引越しのサカイは、今、引越しシェアのトップです、引越しのサカイ、そう、その名のごとく、大阪府堺市に本社があります。


おなじみのCM、「勉強しまっせ引越しのサカイ、ほんまかいなそうかいな」というフレーズも、「ほ、ん、ま、に」関西弁ですね。


他の大手引越し業者と比べて引越し料金が安く、作業が丁重なので、多くのリピーターを獲得中です。



とんでもない数のものが身の周りにある生活をしている方がいるとすれば、引っ越しの最大の障壁は荷造りが終えられるかどうかです。



どんなに周りが協力しても、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うともう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、これを一つの契機としてとことん処分してしまえば一番楽なのは自分自身です。引越しをする際は、電話の契約変更も必要となります。ただし、固定電話じゃなく、携帯電話に関しては、各携帯ショップで手続きをするか、ネットで手続きするだけであり、特に工事の必要はありません。

この頃の人たちは、固定電話を必要としないケースが多くみられます。
引越しする際の一括見積もりを今まで利用したことがありませんでした。たくさん問い合わせする時間が省けて、大変楽でした。



利用した後、引越し業者数社から、見積もりのために伺いたいと連絡がきました。ブッキングを避けるように調整するのが頭を悩ました。